今日の雑記

・睡眠時間7時間半くらい?久々に早めに帰ったものの、うまく眠れなかった。さらに眠りが浅いと言うかところどころ起きてるような感覚があった。「調度良い暖かさ」の確保が難しい印象。靴下の有無で大きく変わりすぎる感じ。


・「今日の雑記」じゃなくて「今日の遺言」と書けばもう少し日々を真面目に生きるだろうかと思ったが、面倒になって雑記を書かなくなるだけだという結論に達した。


・まだ詭弁の続きが脳内でゆるゆると展開されている。「あ、これ二択攻撃だ!」とか色々と気付けて楽しい。
例えば「スケジュール的にきびしいからこれを外してくれ」と言って「社長の意向だから入れないと」という反論が返ってきたとする。そこに「スケジュールが遅れてでも全て入れた方が良いのか、あるいはいくつか省略してでも期日に間に合わせた方が良いのか、社長の意向はどちらでしょう?」みたいに質問で返す。これを先に思いついて、あとから「あ、これ二択攻撃じゃん」と気付く。実際には「全部入れつつスケジュールも間に合わせる」という選択肢があるが、そこはスルーするなり可能性の提示というテイをとるなりして強引に二択にする。そして二択にできれば「仕様の削減」か「スケジュールの延長」のどちらかを手に入れることができる。それとは別に「社長の意向」という「相手が言い出したこと」をこちらに組み込むことで相手の言い逃れ(社長の意向だから〜)を逆に相手を追い込むために使うことができる。
あとは昨日の「プロジェクト終盤だろうとスケジュール(想定作業)自体は8時間に納めろ」の続きか。プロジェクト終盤は色々と問題が出てくる時期なので、実作業の時間が増えてしまうのはある程度は仕方がない。本来はそこまで想定しろと言いたいところだが、今回は置いておく。で、スケジュール(想定作業量)が8時間を越えていると、想定作業だけで10時間、終盤に出てくる問題の対応を含めると12時間くらい働くことになり、ここにさらにデカい問題が出てくるとどうやったってスケジュールの遅延が発生する。で、その状況下で「16時間働けなかったプログラマが悪い」のか、「スケジュールを事前に調整しなかった企画が悪い」のか、というのを問い詰めることで仕様の削減を迫る方法があるなぁと。


・ちなみに、「16時間働かなかったプログラマが悪いのか、そういうスケジュールを組んだ人が悪いのか、どちらに責任があるでしょうか?」というのは一択攻撃であり、さらにポイズンなんとか(ポイズンウェル:井戸に毒)でもある。
正面きって「16時間働かないプログラマが悪い」なんて言える人はそうそう居ない。つまり「スケジュールを組んだ人が悪い」と言わざるをえない。しかし、そうして責任を認めてしまうとあれこれの対応を迫られる。いわば針が敷き詰められた落とし穴に飛び込むようなものだ。そして上記のような質問の形をとれば、「相手が選んだ」ということになり、「落とし穴に突き落とした」のではなく「落とし穴に自ら飛び込んだ」ということになる。
まぁどちらかというと「ポイズンなんとか」は「0択攻撃」に分類されるべきことだけども。1択攻撃で誘導した先がヒドいこと、なんてのは詭弁ではよくあることだしな。


・残り2時間半くらい。わりと疲れたが、その分かなり進んだ。明日やる分の仕事が終わってしまうのではなかろうか。まぁあとはゆっくりしつつ、帰宅前にはコミットしたいな。


・そうだったそうだった。新しく会社に入ったならば「不思議なこと、不自然なこと、不条理なこと」をメモっておかないと慣れて忘れてしまうんだった。あまりに以前の会社と同じ感じだったので忘れてた。
大きい所では「マネジメント」だろうか。つってもこれも以前の会社とシステム自体はそんなに変わらないんだけど。以前と違うのは、なんというか情報伝達の徹底ができてないというか。「誰に何を伝えるべきか」というのが十分に考えられてない気がする。少人数だからとかの理由も考えられるし、そもそも自分が情報を取りに行ったほうが良いのではないかと思う側面もあったりするが、まぁともかくそこら辺を以前の会社とは違うと感じている。
あとは、、、そんぐらいか。あるいは1ヶ月経ったのでもう慣れてしまったか。


・現在30分オーバー。さらにもう一つタスクをやったら意外と簡単だったのでもう完了。あと30分は休みつつ、1時間オーバーで帰るかな。


・にしてもゼルダ仕様3DSが復活しないなー。「どうしても欲しい」というよりは「どうせなら欲しい」という感じなので、来週の月曜までに復活してなければ諦めるか。帰郷前にマリオカートを少し進めてから帰りたいし。


・ていうかもう水曜が終わりか。グラフィックデータが来るのが思いのほか遅かったので、なんだか火曜な気がする。体調のヘロヘロ具合はすでに木曜〜金曜レベルだが。